こころちゃんのバーチャル野球速報 ~こころ速報~

野球大好きVtuberを目指している風巻こころです!!現在モデル作成中!! 野球とVtuber(バーチャルユーチューバー)のまとめサイトをやっています!!ヾ(≧▽≦)ノ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/02/22(木) 13:44:33.74 ID:CAP_USER
    社会
    「トヨタ工業学園」241人が卒業 豊田
    (愛知県)


    ■ 動画をみる
     自動車製造のスペシャリストを養成する「トヨタ工業学園」で22日、卒業式が行われ、トヨタ自動車の豊田章男社長が「高い技能を磨き続けてほしい」とエールを送った。
    式では、トヨタ工業学園高等部と専門部の卒業生241人の名前が読み上げられた後、豊田社長から修了証書を受け取った。トヨタ工業学園は、モノづくりに欠かせない専門知識や高度な技能を習得し将来、
    職場のリーダーとなる人材を育成している。卒業生は、トヨタ自動車の正社員として自動車の生産や開発の現場に配属される。豊田社長は、IT化、自動運転など自動車産業が
    100年に一度の大変革期にあることを踏まえ「AI(人工知能)を進化させるのは人の知恵とカイゼンだ。AIを良きライバルとして技能を磨き続けてほしい」と卒業生を激励した。
    [ 2/22 12:14 中京テレビ]

    http://www.news24.jp/nnn/news86238205.html

    【「トヨタ工業学園」241人が卒業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ダウンロード (4)
    1: チョコパンダ ★ 2018/02/23(金) 10:12:42.21 9
    http://www.sanspo.com/geino/news/20180223/sot18022309330002-n1.html

     国連の女性差別撤廃委員会の会合が22日、ジュネーブで開かれ、韓国の鄭鉉栢・女性家族相が旧日本軍の従軍慰安婦問題について、日本政府が使用しないよう求めている「性奴隷」の言葉を用いて説明を行った。

     これに対し、河野太郎外相は23日の記者会見で、「事実に反する言葉が使われた。受け入れられず極めて遺憾だ」と批判した。伊原純一駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使は「日本として受けいれられない。極めて遺憾だ」として韓国の崔京林駐ジュネーブ国際機関政府代表部大使に電話で抗議した。崔氏は「本国に伝える」と回答したという。

     会合では女性差別撤廃条約の韓国の履行状況を審査。鄭氏は韓国代表として出席し、委員らとの質疑応答の中で、元慰安婦の生活支援など韓国政府の取り組みを説明する際に「性奴隷」の言葉を使用した。

     伊原氏は会合終了後に記者会見し、「性奴隷の言葉は事実に反し、使用すべきではないというのが日本側の考えだ。慰安婦問題を巡る日韓合意の際にも韓国側と確認している」と強調した。(共同)

    【韓国代表、国連委で「性奴隷」使用 河野外相が批判 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e5d9aaf2028c1eb9c277991e773f1e7d-1
    1: 首しめ坂 ★ 2018/02/22(木) 06:11:40.50 ID:CAP_USER9
    プロ野球くじ、導入を検討 早ければ2019年から実施
    2/22(木) 5:03配信
    朝日新聞デジタル

    プロ野球を対象とした「野球くじ」の導入に向けて、日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団が21日、本格的に検討を始めた。
    NPB幹部と12球団の代表者が那覇市内で会議を開き、スポーツ振興くじ(toto)に野球を加えることを正式な議題として取り上げた。
    強硬に反対している球団はないとみられる。今後は選手会や審判員との調整が必要だが、早ければ2019年から実施される可能性がある。

    関係者によると、購入者が自分では勝敗を選べず、コンピューターが無作為に選ぶ「非予想方式」を想定している。
    サッカーのtoto「BIG」と同じ方式だが、野球の場合は投票後に対象試合が分からない方式が検討されているという。
    たとえば、1週36試合のうち一部を対象とするが、どの試合かはtotoの結果が出るまで分からない、という形だ。
    対象試合数や雨天中止の扱いなど、詳細な方式は今後詰めていく。

    サッカーJリーグなどを対象としたスポーツ振興くじは、16年度の売り上げが約1118億円にのぼり、収益の一部がスポーツ団体へ助成されている。
    野球くじが導入されれば、プロ野球も助成の対象となり、NPBと12球団が行う野球振興事業などに充てられることになる。
    Jリーグでは新スタジアム建設費の助成にも使われており、球界でも新球場建設の際の助成に使われる可能性もある。

    球界では1970年ごろの「黒い霧事件」と呼ばれる八百長騒動の反省もあり、野球くじに慎重な姿勢だった。
    一方、20年東京五輪やそれ以降のスポーツ界発展のための財源として、政界などから野球くじ導入への期待が高まっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000007-asahi-spo

    【プロ野球くじ、導入を検討 早ければ2019年から実施 toto「BIG」と同じ「非予想方式」想定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: しじみ ★ 2018/02/19(月) 14:36:18.53 ID:CAP_USER
    すばらしい写真というものは、ときにデジタル一眼レフカメラと小さな原子、
    そして好奇心旺盛な博士論文の提出候補者という組み合わせで撮影されるものだ。

     英オックスフォード大学で、
    量子コンピューターに使う原子を閉じこめる研究をしていたデビッド・ナドリンガー氏は2017年8月7日、
    一般的なデジタル一眼レフカメラを使ってこの写真を撮影した。
    黒い背景の前で青紫色のライトに照らされているのは、プラスに帯電したストロンチウム原子だ。
    両側には2つの金属電極があり、間にできる電界によって、原子はほぼ静止している。
    この装置はイオントラップと呼ばれる。小さな2つの針の先端の間の距離は、2ミリにも満たない。

     この写真につけられたタイトルは「イオントラップ内の1つの原子」。
    これが、英国の工学・物理科学研究会議(EPSRC)による科学写真コンテストで表彰された。

     原子はあまりに小さいため、肉眼で見ることはできない。

     EPSRCのプレスリリースで、ナドリンガー氏は「1個の原子を目に見えるかたちで表現することは、
    微小な量子の世界と私たちの巨大な現実を直接的、
    直感的に結ぶことができるすばらしいアイデアだと思いました」と述べている。
    「ある静かな日曜日の午後、カメラと三脚を持って研究室に向かいました。
    そして、小さな薄い青色の点が映ったこの写真を撮ることができたのです」


     ナドリンガー氏は、イオントラップの超高真空室の窓をのぞきこむようにして写真を撮影した。
    使用したのは、50mmレンズと接写用のエクステンションチューブ、
    そしてカラーフィルターをつけた2つのフラッシュ装置だ。エクステンションチューブは一般に、
    レンズの焦点距離を長くしてクローズアップ写真を撮るために使われる。

    続きはソースで

    画像:プラスに帯電し、電界によってほぼ静止している1つのストロンチウム原子を撮影した写真。よく見ると、黒い部分の中心にうっすらと青い光が見える。
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/021600072/01.jpg
    画像:中央部を拡大したもの
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/021600072/ph.jpg

    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/021600072/

    【〈画像あり〉「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    smile
    1: ノチラ ★ 2018/02/17(土) 18:09:47.87 ID:CAP_USER
    イーロン・マスク氏率いる宇宙企業スペースXが、またもや快挙を成し遂げた。
     2018年2月7日(日本時間)、同社は新型ロケット「ファルコン・ヘヴィ」を打ち上げた。“ヘヴィ”の名のとおり、世界最大級の巨体をもつロケットは、のっそりと発射台を飛び立ったあと、宇宙へ向けてぐんぐん加速した。

     そして、搭載していたマスク氏の愛車テスラ・ロードスターを、火星の軌道を越えるほど遠くまで飛ぶ軌道に投入。テスラ・ロードスターは今後、数万年にわたって太陽を回り続ける“人工惑星”となった(テスラ・ロードスターが宇宙へ打ち上げられることになった背景については 参照『火星に電動スポーツカーを打ち上げる!? “イーロン・マスクの奇妙な冒険”はどこまで本気?』)。

     このファルコン・ヘヴィは、いったいどんな実力をもったロケットなのだろうか。そしてマスク氏は、この超大型ロケットでいったいなにをしようとしているのだろうか。

    現役ロケットの中で世界一の打ち上げ能力、なのに安い
     ファルコン・ヘヴィの最大の特長は、現役のロケットの中で、最も打ち上げ能力が大きいということである。

     たとえば、国際宇宙ステーションなどが回っている地球低軌道には最大63.8トンもの打ち上げ能力をもつ。ちなみに日本最大のロケットであるH-IIBの打ち上げ能力は約16.5トンなので約4倍。また、これまで世界最強の打ち上げ能力をもっていた、米国の「デルタIVヘヴィ」ロケットと比べても、3倍近くも大きい。

     この強大な打ち上げ能力をもってすれば、基本的にはどんな衛星や探査機で打ち上げることができる。たとえば規格外の大きさをもつ人工衛星を打ち上げることはもちろん、有人宇宙船を月に飛ばすこともできるし、火星や冥王星といった他の天体に、大型の探査機を飛ばすことだってできる。

     そして、世界最強の打ち上げ能力をもっているにもかかわらず、ファルコン・ヘヴィはとても安い。

     スペースXが出しているファルコン・ヘヴィの価格は9000万ドル~1億5000万ドル(約98億円~163億円)。いっぽう、前述したデルタIVヘヴィは約3.5億ドル(約380億円)もするため、ファルコン・ヘヴィは3倍近い打ち上げ能力をもっていながら、価格は半分以下ということになる(もちろんスペースXの出す価格が正しいとして、だが)。

    世界最強の打ち上げ能力をもつ超大型ロケットながら、価格が安い背景には、既存のロケットを合体させて造られたということと、スペースXが得意とする「ロケット再使用」がある。

     同社は現在、大型の主力ロケットとして「ファルコン9」を運用しているが、ファルコン・ヘヴィはこのファルコン9を3機合体させるようにして造られている。既存のロケットを使うことで安く手軽に、超大型ロケットを実現しているのである。

     また、ファルコン9は機体を逆噴射で着陸させて回収し、ふたたび打ち上げに使うことができ、これにより打ち上げコストの低減を図っている。そして当然、そのファルコン9を使うファルコン・ヘヴィでも踏襲されており、再使用によるコストダウンが図られている。

     今回の初打ち上げでもさっそく再使用が行われ、ファルコン・ヘヴィを構成している3機のファルコン9のうち、2機は以前打ち上げられたことのある機体の再使用だった。さらにこの2機は、上空で分離後、見事にシンクロしながら自律的に発射台近くの着地地点まで舞い戻り、着陸に成功した。その光景はあたかもSF映画か、CGでも見ているかのようだった。

     ちなみに機体を再使用する場合、打ち上げ能力は前述の最大63.8トンから下がることになる。それでも依然として、他の主力ロケットよりも高い能力を、同等かそれ以下の価格で販売できるため、ファルコン・ヘヴィの強みが失われることはない。
    以下ソース
    https://hbol.jp/160450

    【イーロン・マスクの「世界最強ロケット」がすごい!】の続きを読む

    このページのトップヘ